FC2ブログ
!!Hala Celta!! edicion Blog
セルタ・デ・ビーゴとリーガ・エスパニョーラ、スペインのことについて書き連ねているブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    

/ / 人気ブログランキングへ / ブログランキング

↑ ご協力をお願いします ↑

プレシーズンにて
1999年08月20日 (金) 21:35 | 編集
 1999-2000シーズンの開幕が近づき、各クラブの動きも補強から戦術的なものになっている。そういった意味で注目されるのは、アヤックスからさらにヤリ・リトマネンを獲得したバルセロナだろう。「シャドー・ストライカー」なる造語を生み出したリトマネンのポジションは実質的にルイス・エンリケやリバウドと重なることもある特殊なポジションである。守備的MF、攻撃的MF、さらにはFW的な役割を担ってきたリトマネンがバルセロナでどういった働きを要求されるのか。また、その弊害としてさらなるスペイン人選手の放出などが、バルセロナにおいて起こるのか。ファンとしてはこのあたりも気になるところだ。
我がセルタもそうした意味では珍しい状況にある。レアル・マドリーが不安とされた右サイドとDFラインの補強を盛んに行った煽りでミチェル・サルガードが去ったセルタは、その右サイドバックどころか、中盤から前線まで、幅広い範囲で補強を繰り広げた。その過程でさらにペネフが去り、マジーニョ、モストヴォイ、ベルヘスなどが負傷で離脱。にもかかわらず、プレシーズンでは無敗と好調を持続している。

 最大の要因はシステム変更が一切なかったことにあると思われる。プレシーズンの試合は1つもこの目で見たことはないが、新聞記事や出場選手を見る限り大きな変更はないはずである。もっとも懸念とされていた守備的MFには、まずサラマンカからジョヴァネッラを獲得し迅速に対応した。結果的に最下位となって2部Aに降格したサラマンカではあるが、その中でもジョヴァネッラはキャプテンとしてチームをまとめ、中盤で一人奮戦した。ときに無駄なファウルも目立つがキープ力は素晴らしい。マジーニョの展開力を求めるのは酷でも、前線に余裕を与えられるジョヴァネッラのプレーはセルタにとって大きなプラスとなるだろう。幸運な誤算としては同じポジションにバルセロナからアルベルト・セラデスを獲得できたことだ。97-98シーズン、グァルディオーラが長期に渡って戦線を離脱している間、バルセロナの中盤を支えたセラデスを獲得できたことでセルタの中盤には1つオプションが増えたことになる。事実、セルタでデビューした直後にセラデスは得点を挙げるなど完全にチームに馴染んだ活躍を見せており、今後に期待が持てる。

 FW、DF面でもマッカーシー、カビエデス、トゥルド、ベラスコ、フアンフラン、セルヒオなど、地味な実力者を揃え、しかも全てがうまくいっている。サラゴサから獲得したグスタボ・ロペスはFWでもMFでもプレーができ、レビーボとコンビを組ませることができればモストヴォイの復帰後が非常に楽しみになる。昨シーズンのチームから実に11人が入れ替わったことになるが、今シーズンもUEFAカップを戦うことを考えればこれは当然のことと言えるだろう。昨シーズンはほとんどメンバーの入れ替えがないままで欧州カップとリーガを戦い、それでも両方でそれなりの結果を出した。これはこれで評価に値するが、ファンは一度勝利の味を知ると再びそれを求めるものである。したがって、昨シーズンと同じ体制ではとても欧州カップにまで手が回らない。しかも今シーズンからUEFAカップにはチャンピオンズ・リーグの敗退組が回ってくる。選手層の厚さは求められて然るべきなのである。

 今シーズンもアタッキング・フットボールを展開することになるであろうセルタだが、昨シーズンよりも攻守にバランスがとれたチームになっている印象が強い。DFのバックアップも(ベルヘスの負傷は誤算だったが)メドが立っているし、各ポジションに一人はバックアップが揃っている。

 似たような状況にあるのがバレンシアだが、最後に、興味深いアンケート結果がある。『セルタ、そしてバレンシアには、リーガを勝ちぬくためのオプションがあると思うか』というスポーツ紙マルカによる調査の結果、「Si(思う)」と答えたのは総投票数の65%にも達していた。8月21日、スペイン時間21:00。イベリア半島は再び熱狂の坩堝となる。

スポンサーサイト
    

/ / 人気ブログランキングへ / ブログランキング

↑ ご協力をお願いします ↑

©!!Hala Celta!!,Shima todos los derechos reservados / Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。