FC2ブログ
!!Hala Celta!! edicion Blog
セルタ・デ・ビーゴとリーガ・エスパニョーラ、スペインのことについて書き連ねているブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    

/ / 人気ブログランキングへ / ブログランキング

↑ ご協力をお願いします ↑

Sueño,cariño,liderato
2005年09月26日 (月) 14:54 | 編集
 「首位ですよ、奥さん」

 「お隣が引き分けたんですって?ザマアないわね」

 「ホントにねぇ~。さっさと消滅してくれないかしら、汚らわしい」

 などという会話もチラホラ聞こえてきそうな今日この頃。

 そんなこんなで我がセルタ・デ・ビーゴはいまだに順位表の一番上にちょこんと名前を乗っけており、その下にはやれ銀河系がどうのこうのとか18歳のアルゼンチン人が云々かんぬんとか、初めてチャンピオンズ・リーグに出たとか何とか豪勢な話題を振り撒いてくれる優勝候補とやらがいくつもいくつも雁首揃えて並んでいるわけなのである。

 おまけに今年加入したばかりのフェルナンド・バイアーノがピチーチ争いをしている。セルタのセンターフォワードがピチーチ・ランキングの上位に顔を出したのなんか何年ぶりだろうか。ペネフ以来まともに働いてくれる「センター」フォワードがいなかったのだから無理もない。移籍初年度のカターニャだって17点獲ったはいいもののその後はあの通りだったのだからうかつに喜ぶわけにもいかないのだが、まずはこの状況を楽しもうじゃないか。
 今年のセルタは久しぶりにそんな気分にさせられる何かがある。

 遅ればせながらようやくレアル・マドリーを凹ませた第2節の試合を見たのだが、なるほど、という感じである。セグンダの試合は当然フルに見たこともないし、かろうじてニュース映像の30秒程度しか見れなかったので昨シーズンの攻撃や守備が実際どうだったのかは知る由もない。

 が、今年はいつもの「突然怪我人続出症候群」や「押し込みながらヘマして失点多発症」や「ここぞという時に空中分解病」さえ出なければ、ひょっとすると98-99シーズンのようなワクワクする「あの」セルタの再現が見られるかもしれないな、とふと思った。何しろバイアーノが良く動く。動くだけならカターニャもベニーもミロセヴィッチもそうだったが、きちんと収めてサイドやトップ下に散らしてくれる。体の使い方も上手く、マヌケなボールの取られ方も少ないときている。まさにMARCAが書いていたように「ペネフの再来」と言える働きっぷりである。

 アンヘルとプラセンテの守備には多少不安な点もないわけではないが、コントレーラスとセルヒオのセンターバック二人が意外にも固く、押し込まれた時の堪え方もここ数年では見られなかったくらいに安定しているように見える。カノッビオはまだ少し弱々しいところもあるが、今の段階で多くを望むのは酷かもしれない。欲を言えばバイアーノからヌニェス、カノッビオにボールがわたったときにイリネイかオウビーニャのどちらかが積極的に前に出てきてくれれば、3年前に比べると動きに爆発力の無くなったグスタボ・ロペスのところをカバーできるくらい攻撃に迫力が出るとは思うのだが・・・。

 それにしても、これは気持ちがいい。思うように試合が見れなくてイライラしても、今シーズンは少なくとも6試合は見られるのだ。なぜならセルタは1部リーグにいるから。毎週毎週結果を目にして一喜一憂することになっても、様々な可能性を考えて楽しむことはできるのだ。1部リーグはUEFAカップにも、チャンピオンズ・リーグにも繋がっているから。

 そしてセルタは今、首位に立っている。

 El Celta sale de El Madrigal cómo líder.

 El Celta se mantiene firme en el liderato.

 美しい響きだ。願わくば、あと何回か似たような文章や言葉に出会えますように。微かな夢と、胸いっぱいの親愛の情を込めて順位表を確かめよう。二度と去年みたいな気分にならないように。
スポンサーサイト
    

/ / 人気ブログランキングへ / ブログランキング

↑ ご協力をお願いします ↑

Lo de siempre
2005年09月19日 (月) 14:53 | 編集
 開幕2連勝。

 たった1年で戻ってきたとはいえ、昇格してきたクラブにとって中堅どころと優勝候補の筆頭に勝利を収めてのこの結果は望外の上々な滑り出しだったと言えるだろう。首位に位置しているセルタを、それもプリメーラで見ることなどここ数年間お目にかかったことがないのだからなおさらである。

 だがしかし、普通なら「今年はやれる!」と気合が入りそうなこの結果にも、空色の旗を長年身に纏って来た仲間たちなら「…ふーん」という感じだったはずだ。
 普通なら「やれる」と感じるところであっても、その次の瞬間「それかよ!」と突っ込みたくなる結果を何年もの間何十回となく見せられてきた方としては、たかだか開幕から2回くらい連続して勝ったくらいでは喜べもしないし驚きもしない。戦力的には整っているのだし、ヘタをしたらチャンピオンズ・リーグに出たシーズンよりも潜在能力は高いのかもしれない。それでも、「予想外の好結果」を素直に望めないのはこのクラブに魅せられてしまったファンの宿命ともいうべきものかもしれない。何しろチャンピオンズ・リーグに出たくせに翌年降格してくれた連中なのだから。

 レアル・ラシン・クルブ・デ・サンタンデールとはすこぶる相性が悪い。それはラシンが何位にいようが関係なく。ベストメンバーを揃えていたはずの試合でも当時気勢を挙げていたサルバにボコボコにやられたし、相手が降格寸前の試合でもなぜかホームで負けたりした。挙句の果てにはロスタイムを9分間も取られて終了間際に追いつかれたりもしている。数々のシーンで立ちはだかってきたハビ・ゲレーロが現在はセルタにいるのが何とも不思議なわけだが、奴がラシンにいなければ今回は何とか勝てるんじゃないか、とそんな淡い期待もしないではなかった。

 0-1

 笑ってしまう結果を明け方に目にしてやっぱり笑ってしまった。デポルがバレンシアに引き分けて自分たちよりも上の順位にいることはもちろん不愉快極まりない出来事なのだが、それ以上に自分が追い続けるクラブがいつまでたっても自分が好きになった頃の「あの」症状をまだ残しているのが歯がゆくもあり、なぜか愛しくも思えてくるのだから、盲目的なファンとは困ったものだと我ながら頷かざるを得ない。

 こういう時にファンの口から出てくる言葉は決まっている。

 「まだ開幕したばかり。1回くらい負けることは大したことじゃない」

 その1回1回も積み重なると一昨年みたくとんでもないことにもなりかねないのだが、ゲンキンなもので昇格して1部に戻ってさえしまえばどことなく安心してしまう自分がいる。こういうのがよくないんだろうな、と自分の性格や生活にも思い当たるフシがあるので何となく考え込んだりもしてしまうわけなのだが…。

 何はともあれ、シーズンは既に3試合を消化。今のところ3位にいるとはいえ、12月の段階で順位表のどの辺りにいられるかで5月の状況がある程度は読めるだろう。

 1回1回の失敗が積み重なるからろくでもない結果が待っているわけであって、1回1回着実に結果を残していけばそうそう悪いことは起こるものでもない。

 知らないうちにラシンに移籍していたフランシスコ・カスケーロがゴールを決めた、という新聞記事を読みながら、ふとそんなことを思ったのだった。
    

/ / 人気ブログランキングへ / ブログランキング

↑ ご協力をお願いします ↑

Un orgullo fanatizado
2005年09月12日 (月) 14:50 | 編集
 「レアル、格下に敗戦」
 「R・マドリード、まさかの黒星」
 「銀河系軍団、2-3でホーム開幕戦黒星」

 …などなど。

 まあいい。

 一言で言ってやるとすれば、「ザマアミロ」だ。

 「レアル、すごいですよねえ~」
 「やっぱり銀河系軍団ですから」
 「今年も優勝候補ナンバーワンでしょうね」

 バルサがどうだろうが、マドリーがコケようが、アトレティコが補強しようがベティスがチャンピオンズ・リーグに出ようがビジャレアルがリケルメを完全移籍で手に入れようが知ったことか。

 見ろ。俺達の旗がベルナベウで誇り高く棚引いた。

 長いシーズン中、同じような形で負けることもあるだろう。だが敢えて言おう。

 「勝者は俺達だ」と。新聞が何と書こうと、マドリディスタどもが何と喚こうと、勝ち点3をプラスされたのはセルタ・デ・ビーゴであり、順位表にそれは反映された。

 日本にどれだけいるかわからない空色の仲間達に伝えたい。俺は宣言していた。「セルタが勝つ」と。98-99シーズンのベルナベウと同じように、真っ赤なユニフォームに身を包んだセルタの選手達が、90分を戦い抜いた後歓喜の雄叫びを上げることを宣言していた。

 ロナウジーニョ?ベッカム?ロビーニョ?ケジュマン?

 俺たちにはカノッビオがいる。ヌニェスがいる。コントレーラスがいる。そして、グスタボ・ロペスがいる。

 「ドリーム・チーム」も「銀河系軍団」もクソ食らえだ。
    

/ / 人気ブログランキングへ / ブログランキング

↑ ご協力をお願いします ↑

©!!Hala Celta!!,Shima todos los derechos reservados / Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。