FC2ブログ
!!Hala Celta!! edicion Blog
セルタ・デ・ビーゴとリーガ・エスパニョーラ、スペインのことについて書き連ねているブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    

/ / 人気ブログランキングへ / ブログランキング

↑ ご協力をお願いします ↑

淡々とした週末の出来事
2005年03月28日 (月) 23:46 | 編集
 先週、昇格を争っているカディスの直接対決をバライードスで落としたセルタ。フェルナンド・バスケスが次節のベンチ入りを禁じられたりピントが退場したりと踏んだり蹴ったりな面があったので、「これはひょっとしたら…」というイヤ~な予感満々で今週末を迎えたわけである。

 ところが、久々にスタメンで登場したMFチョミン・ナゴーレのゴールでセルタは貴重な1勝を手に入れた。相手がマラガBだったとは言っても、プリメーラ・ブエルタでは0-0の引き分けに終わっている相手。しかもその時はバライードスでの試合だったわけだから、このセグンダ・ブエルタに入ってからのアウェーでの勝利は大きいと言える。

 そもそもアウェーにめっぽう弱い、というのはこの空色の連中を愛してしまった我々はイヤと言うほど思い知っているわけなのだが、今シーズンに関してはそれがウソだったかのように、意外にもアウェーから勝ち点をぶら下げて帰ってくるようになった。気になるのは先週カディスに敗れたことで昇格争いを一歩リードするチャンスを後回しにしてしまったということだが、今週の勝利でまだまだ抜け出すことは可能な範囲にセルタはいる。とはいえ、カディスも今週ラシン・デ・フェロールに2-0で勝っているし、2位のエイバルもこの後行われる試合は17位のシウダー・デ・ムルシアが相手。順当に考えれば勝ち点は確保するだろう。エイバルが引き分けでもしてくれればまた少し余裕が生まれるわけだが、あと12試合も残っているリーグ戦の日程を考えるとポイント差は多ければ多いほどいい。最低限のリードを守りきることや、最低限キープすればいいというラインを維持することがどれほど危険でもろい考え方なのかは金曜日の深夜に行われた自分の国の代表チームを見れば明らかだ。…この1年間はなんだったのかというくらいガラリと変わったチームになってしまっていたわけだが、まあ代表のことは置いておこう。

 ともかく、セルタである。

 エイバルが勝つと想定すると勝ち点差はわずか「3」。3位以内なら昇格はできるが、上のほうにいたほうが後が楽なのは言うまでもないことなのだから、次節の相手がサラマンカだと考えるとエルマンティコでは勝っておきたい。あのスタジアムのなんともいえない気だるい雰囲気はやり難さ満点なわけだが、そんなことは言っていられない状況である。もしこのブログを見ている人でサラマンカに住んでいる人がいるなら、バスで行くのがだるいとか言わずにエルマンティコに行ってみて下さいな。

 まだまだコルドバ(33節)、エルチェ(34節)、バリャドリー(35節)、テネリフェ(36節)、シェレス(40節)、そしてエイバル(41節)、ジェイダ(42節)と難解な相手が続々控えているわけだから、気を抜くことは許されない。何とか勝ち点を失わず、3位以内をキープして欲しい。

 こんな面白いことになってるんだから、是非とも試合そのものを見たいと涙がこぼれる今日この頃なのであった・・・。
スポンサーサイト
    

/ / 人気ブログランキングへ / ブログランキング

↑ ご協力をお願いします ↑

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
©!!Hala Celta!!,Shima todos los derechos reservados / Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。