!!Hala Celta!! edicion Blog
セルタ・デ・ビーゴとリーガ・エスパニョーラ、スペインのことについて書き連ねているブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    

/ / 人気ブログランキングへ / ブログランキング

↑ ご協力をお願いします ↑

あの人は今。
2007年06月09日 (土) 23:48 | 編集
 ■グアルディオラ、バルサBの監督就任か

 かつてバルセローナでプレーしていたMFジュセップ・グァルディオーラがバルセローナBの監督に就任するという噂が上がっているようだ。

 グァルディオーラと言えば1990年にバルセローナのトップチームに昇格し、そのシーズンに優勝。ヨハン・クライフの監督時代に獲得したリーガ優勝全てを経験し、92年のバルセローナ・オリンピックにもスペイン代表Sub-21(アンダー21)として出場している。

 2001年にクラブとの確執からイタリアのブレシアに移籍し、最終的には2006年に引退を発表していた。

 一応昨シーズンまではメキシコで現役は続けていたようなのだけれど、いつの間にか監督ライセンスも取得していたようで、もしこのままバルセローナBの監督に就任したりすればバルサのファン達は大喜びだろう。

 彼のプレーはとてもエレガントだった。ピンと張った背筋、きちんとしたルックアップ、フィジカルにさほど依存しないボディコントロール。日本人のMFが最も手本にすべき選手だったのではないかとさえ僕は思っている。

 ちなみに、彼の名前はよく「ジョセップ」「ジョゼップ」「ホセプ」などと誤表記されているが、カタルーニャ語で正確に発音した場合は「ジュセップ」となるらしい。スペインで僕の通っていた大学の先生の親戚にカタルーニャ人がおり、彼と話した時にカタルーニャ語の発音を少しだけ教えてもらった時にそう言っていた。恐らく母音の後に来るアルファベットによって発音は異なるのだろうと思う。

 バルサにしろ、レアル・マドリーにしろ、ファンから愛された選手や監督をクラブは無視できない。その最たる例がヨハン・クライフであり、ビセンテ・デル・ボスケやフェルナンド・イエロ、ホセ・アントニオ・カマーチョやラウールであるのだろう。片側ではそれゆえにクラブに利用されるケースも多いとは思うけれど。

 果たしてグァルディオーラはどうなんだろうか。名選手が名監督なわけではない、というのはどこの国でも一緒だとは思うけれど、彼が名監督になったら面白いのは間違いない。彼に続くような選手の育成は難しいだろうけれど、グァルディオーラがあの独特の視線をベンチからピッチに向けて指揮を取るところは見てみたいと思う。

 いつの日か、グァルディオーラがスペイン代表の監督としてワールドカップで勝利を挙げるような日が来るのだろうか。

 もしそんな日が来れば、シャビがソックスを真っ白に統一してスペインのナショナル・カラーを消したとかなんとか、下らない下世話な疑惑を向けられるようなことも無くなるのかもしれない。
スポンサーサイト
    

/ / 人気ブログランキングへ / ブログランキング

↑ ご協力をお願いします ↑

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
©!!Hala Celta!!,Shima todos los derechos reservados / Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。